2010年06月03日

<全日空>旭川−関西線 日航にかわり就航(毎日新聞)

 全日空の旭川−関西線が1日就航した。09年9月に日本航空が廃止したが、6月〜9月の期間限定で1日1往復運航する。初日の搭乗率は関空発86・7%、旭川発98・3%と上々の滑り出し。旭川発の乗客全員にはお菓子と大阪のガイドブックが贈られた。家族3人で観光で搭乗した東川町の自営業、佐藤孝一さん(39)は「この日を待っていた。家族は大阪が初めてなのでユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行ったり、おいしいものを食べたい」と話していた。

署名拒否「筋通っている」=小沢氏が福島氏に(時事通信)
リアル!最古級!縄文のビーナス出土(読売新聞)
首に針金、腹に刺し傷 京都で男性現金奪われる(産経新聞)
ウイルス作成者ら2人逮捕=個人情報流出、現金詐取容疑―全国2例目・警視庁(時事通信)
<新党改革>鳩山邦夫氏の長男を擁立 参院選比例(毎日新聞)
posted by vt8hs8s2ia at 17:57| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

バス炎上事故、機転の脱出・勇気の救助(読売新聞)

 バスは蛇行を繰り返した後、何度も側壁にぶつかり、停止した――。

 大阪府高槻市内で3月末、スイミングスクールの送迎用マイクロバスが名神高速道路の側壁に衝突、炎上した事故。バスは火炎に包まれ、男性運転手(65)が死亡したが、乗客の子どもら14人は軽傷で救助された。被害の拡大を食い止めたのは、乗客の男児の機転や、偶然通りかかった男性たちの勇気ある行動だった。

 同市消防本部は、乗客の救助活動に協力したとして、計5人と事故現場近くの緑が丘自治会に感謝状を贈った。うち、いずれも同市内在住で、市立安岡寺小4年、井実聖君(9)、無職藤上薫さん(61)、同崎浜盛秀さん(72)の3人が読売新聞の取材に応じ、事故当時の様子を語った。

     ◇     

 事故があった3月29日夕、車内には、スイミングスクール帰りの5〜10歳の子ども13人と保護者の女性(39)、運転手が乗車。聖君は運転席近くで友人、弟の歩君(7)と並んで座っていた。

 〈突然、運転手がうめき始め、最初は気にしなかったけど、また声が聞こえて、バスが2、3回(側壁に)ぶつかった。最後に「ドカーン」と音がした〉

 車内では、泣き叫ぶ声が飛び交い、煙が広がってきた。聖君の目に、歩君が衝突の弾みでフロントガラスの方に飛ばされ、泣きじゃくっているのが見えた。

 〈どうしよう、はよ逃げなあかんと思い、席の後ろの方のドアを何度も押したけど、開かなかった。ドアの横に「自動→手動」と書かれたレバーが見えたので、「手動」の方に動かしてみた。すると、ドアが開いた。子どもらが一斉に外へ飛び出した。逃げられてよかった。車内にいるときに爆発していたらと思うと……〉

     ◇     

 ゴルフの練習に行くため走行中の藤上さんは、前方のバスの異変に気づいた。

 〈50メートルくらい手前から、ふらついていて、おかしいなと感じた。止まったバスをよけて進み、バックミラーを見ると、バスから黒煙が立ち上り、子どもが車内から飛び出していた。同じくらいの孫の顔が思い浮かんで、何かせずにいられなかった〉

 藤上さんが、慌てて駆け寄ると、激しいエンジン音とタイヤが空回りする音が響き、煙がバスを覆い尽くそうとしていた。藤上さんは、後部の窓から、3、4人の子どもの手や腕を引っ張り出した。その間、1、2分の出来事だったという。

 〈子どもたちは全員無事でほっとした。でも、あとで運転手さんが亡くなったと聞いた。助けてあげられず残念です〉

     ◇     

 ジョギングをしていた崎浜さんも一部始終を目撃し、救出に加わった。

 〈衝突後、驚いて駆け寄ると、「お母さん、助けてー」という泣き声が聞こえた。黒煙が上がり、タイヤが焦げる強烈なにおいがした。爆発するんやないかと、恐怖感を感じながらも、必死に窓から子どもを助け出した〉

 その直後、「ボーン、ボーン」と、2、3回爆発音が響き、バス後部から火の手が上がった。周囲にいた人たちはぼうぜんと見守るしかなかった。(山本慶史)

<普天間移設>社民、閣議了解せず 「5月末決着」に異議(毎日新聞)
普天間移設案に反対 社民が閣僚委欠席へ(産経新聞)
政倫審公開「小沢氏の意向で」=鳩山首相(時事通信)
<殺人>交際相手の女性を遺棄 会社役員を容疑で逮捕 京都(毎日新聞)
北教組事件で初公判 元経理担当「間違いない」(産経新聞)
posted by vt8hs8s2ia at 22:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

普天間大詰め、担当の外相・防衛相はGW外遊(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題の決着期限が5月末に迫る中で、鳩山首相はこの問題の決着に専念するため恒例の大型連休中の外遊を取りやめる意向だ。これに対し、担当閣僚の岡田外相や北沢防衛相はアフリカやインド訪問を計画しており、与野党から真剣さが足りないと批判の声が上がっている。

 大型連休中は、まとまった外交日程を確保できるため、首相や閣僚が外遊に行くのが歴代の内閣の恒例だ。しかし、鳩山首相は連休中は29日のメーデー集会、5月1日に熊本県水俣市で開かれる水俣病犠牲者慰霊式への出席を予定しているほか「後半は全く予定がない」(周辺)という。普天間問題の「5月末決着」を控え、国内で最終調整に専念する腹づもりのようだ。

 これに対し岡田外相はアフリカ開発会議(TICAD)の「フォローアップ会合」への出席などのためアフリカを訪問するつもりだ。

 この計画を聞いた国民新党の下地幹郎国会対策委員長は22日、首相官邸に平野官房長官を訪ね「普天間問題が佳境に入っているのに、アフリカとアメリカを間違えているのではないか。もっと真剣味を持つべきだ」と批判した。

インフル死 推計200人 低水準「新型は弱毒」裏付け(産経新聞)
鳩山首相「高速料金」またまた迷走 小沢と前原どっちが大事?(J-CASTニュース)
生活保護受給者に薬物入手依頼か=ネット転売、立件へ−神奈川県警(時事通信)
国病機構の病院事業「規模縮減」―事業仕分け第2弾(医療介護CBニュース)
比例1000万票で10議席目標=「第三極」で選挙協力も−舛添氏(時事通信)
posted by vt8hs8s2ia at 10:18| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。